【飼い主様からのご質問】


犬の肛門絞りについて質問です。
肛門絞りのときに出てくる分泌液は、

年を取ると質が変わってくることありますか?

我が家の愛犬は12才で、

肛門絞りは病院でやってもらってます。


しかし、前までは、絞るとピュッと出てたのですが、
数ヵ月くらい前から、

とても粘っこくて非常に出にくいらしく、
ギャンギャン泣いてしまうくらい力を入れられて

病院で絞られてます。涙


ひどいときは、直で指入れられてまで。涙

たかが肛門絞りなんですが、

いつも見ててかわいそうで。涙


年齢によってそんな体質になってしまったのか?
だから仕方ないのか?疑問です。


食事内容なんかも関係あったりしますか?


といっても食事は変わらず

もう何年も手作りなので、

食事が原因とは考えられないしなぁ、と。

何か参考までに聞けたらな、と思い

質問させて頂きました。もちろん、

ワンコそれぞれ個人差あるのも分かってます。


よろしくお願いいたします。

 

 

 

今回いただいたご質問は…

 

 

ワタクシ、花がお答えさせていただきます。

 
…が、久しぶりの出番なので、

まずは砂浴びして身だしなみを整えます。
 
しばしお待ちを…。

 





 
砂浴び終了!!
お待たせしました。


それではご質問にお答えしますね~。


肛門腺絞りって、いやよね~。
私も大嫌い!


だから、絞られたらマジ切れして、

トリマーさんを困らせてるの、エヘ♪^^

でも、自分で分泌液をうまく出せない子は、
ほっておくと溜まってむずむずしてしまったり、

もれ出して臭ってきたりするし、最悪、

炎症を起こしちゃったりすることもあるので、
定期的なお手入れを心がけることは大事よね。

分泌液の性状が環境の変化や体調、

年齢によって変化することはあります。
(※必ずしも変化する、ということではないです)


フィルウに来ている子たちを見ていると、
食事で変化することもあるな~という印象です。
 
なので、
年を取って分泌液が粘っこくなってしまった、

絞りにくくなってしまったのは、可哀想ですが、

そういうものとして今後はケアする必要があります。

ただ、気に留めておかなきゃいけないことは、
肛門嚢が炎症を起こしているなどの
トラブルが存在している場合に、

それが原因で分泌液の性状が変化すること
もあるんです。


それ以外にも肛門嚢の排泄口近辺の

皮膚が固くなってしまったり、
イボができて器質的に変化してしまうことで
分泌液を出しにくく詰まりやすい状態に
なってしまうこともあります。

だから、


年をとったから分泌液の性状が変わって

絞りにくくなったんだ!


と決めつけてしまうこともできないかなと。

 

ご質問者様のワンちゃんの状態は

文字だけではわからないので
これ以上はお答えするのは難しいですが、
現在は獣医さんにかかられながら

肛門腺を絞られているということなので、
明らかな異常があればお話もあると思いますから、
特に心配することはないかなと思います。


念のため、

“そういう可能性もあるんだな”ってことを
心に留めておいて頂く程度で

ご認識いただければと思います。


 

以上でご質問のお答えになりましたでしょうか?
楽しいワンコライフをお送りください!


 
現在はしつけ・トレーニングに関しての

質問を募集中!


ご質問はこちらからどうぞ!

  http://www.filou.jp/contact_qanda/index.html

 
『豆太郎のWANトレ』
豆太郎&麟羽が犬の行動・しつけについて

たくさんおしゃべりしてますので、
そちらもぜひご覧になってみてください♪



 

by 三毛猫花

 


 


【ペットホテルフィルウ】
練馬光が丘店

http://www.filou.jp/


 フィルウのFacebookpage  ◆
 手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ
 
  フィルウ世田谷店のブログ  
三毛猫 花とゆかいな仲間たち

 
フィルウのトレーニング(しつけ)ブログ
豆太郎のWANトレ